文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » センター獣医師からのお知らせ » トイレの理想は

トイレの理想は

2013-01-10

 お正月も終わり、体のリズムもお休みモードから通常モードへと戻ったところでしょうか。

これから、まだまだ寒い日が続きます。雨の日、雪の日、寒すぎる日・・・お散歩の回数も減りがちに・・・

散歩に出ないと、トイレを我慢してしまうワンちゃんはいませんか?特に冬場は水を飲む量も回数も減ってくるので、尿路系の結石ができやすくなりがちです。

いざという時、いつでもどこでも、気がねなくトイレができるよう、ペットシーツでの排泄をトレーニングしておくのが理想です。外で排尿すると、尿の色や量の変化にも気づきにくいものです。

散歩時に 「便は持って帰る」 「尿は水で流す」というのが基本のマナーですが、一歩進んだマナーとして、トイレはお家で済ましてから散歩に出ることをおススメします。

 また、緊急の場合、他人へ預ける場合、ストレスが少なく暮らせるように、いつでもどこでもトイレが出来て、どこでも何でもエサが食べられる大らかなたくましいワンちゃんにしておきたいですね。

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.