文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » センター獣医師からのお知らせ » ノミ・ダニは、つけない・増やさない・つぶさない!!

ノミ・ダニは、つけない・増やさない・つぶさない!!

2013-02-22

 まだまだ、風が冷たい季節ですが、センターには、ノミやダニをつけた子たちが来始めています。春から活動が活発になる虫たちも、そろそろ目を覚ましたようです。

 最近、マダニから新しいウイルスに感染し4人の方が亡くなっていたというニュースがありました。この新型ウイルスを持っている可能性のある2種類のマダニのうち、フタトゲチマダニは広く日本に分布していて、ワンちゃんたちがよく付けてくるダニです。山や森の草むら・公園や河川敷の草むらで生活し、葉先から、ワンちゃんに飛び移って吸血しようとねらっています。

 フタトゲチマダニに限らず一般にマダニは、ヒトに日本紅斑熱やライム病等、イヌにバベシア病、ネコにヘモプラズマ症等の病気を運んできます。

 ヒトの健康を守るためにも、ワンちゃんたちの寄生虫予防は重要です。

 定期的に予防薬をつけて、お散歩後のブラッシングを習慣づけましょう。付いたマダニが吸血する前に取り除ければ問題ありません。

 落ちたダニはお庭の草むらで増やさないよう確実に回収し、洗剤液等につけて捨てるとよいです。けっしてつぶさないで!

もしもワンちゃんにしっかり吸血していたら、引きちぎらず動物病院でとってもらってください。病原体がよけいに注入されたり、頭部が残って化膿する場合もあるので気を付けましょう。

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.