文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » センター獣医師からのお知らせ » マイクロチップ入れていますか?

マイクロチップ入れていますか?

2015-03-25

このところすっかり春めいてまいりました。ムスカリ

新年度も引き続き、当センターで譲渡する一部の犬猫たちに、マイクロチップを埋め込むことになりました。IMG_23481

福岡県では、マイクロチップを入れてくれる動物病院や、各保健福祉環境事務所、動物愛護センター等に、マイクロチップリーダーが置いてあり、迷子の犬猫たちの飼い主さん探しに役立っています。

春は異動の季節です。お引越し予定の方、電話番号が変わる方等、ワンちゃん・猫ちゃんのマイクロチップの登録データに変更はありませんか?せっかくマイクロチップが入っていても、きちんと登録されていないと、飼い主さんへ連絡がとれず、迷子になったワンちゃん猫ちゃんがお家へ帰れない場合もあります。

猫チップ

残念ながら、2014年11月の時点で、日本でのマイクロチップ装着率は、犬が7.6%、猫が1.9%とまだまだ低い状態で、福岡県でも犬が7.0%です。

平成26年度に福岡県が行ったアンケート調査によれば、マイクロチップについて知っている方は4割ほどですが、犬を飼っている方では6割以上が知っていると答えています。知ってはいるけど、「必要ない」「痛そう」と思われる方が多いのかもしれません。埋め込み時の痛みは、ワクチン接種時と同じくらいという感じですが、「痛そう」と思われる方は、不妊去勢手術の際に忘れずに埋め込んでもらいましょう。

マイクロチップは、万が一迷子札が外れてしまったときのための、最後の切り札です。災害時にもきっと役に立ちます。もっとマイクロチップが広まって、迷子の犬猫たちがいなくなることを切に願います。皆さんと一緒にマイクロチップ装着率アップにむけて、一歩ずつ進んでいきましょう。

もちろん、狂犬病予防注射と登録は、また別ですのでこちらの登録変更もお忘れなく!!

 

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.