文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » センター獣医師からのお知らせ » 捨てないで・逃がさないで・増やさないで!!

捨てないで・逃がさないで・増やさないで!!

2014-02-28

少し暖かくなってきたこの頃、木々や道端に花ほころび、季節は確実に春へ向かっています。梅

春は猫の繁殖シーズンです。そして猫は交尾排卵なので、相手がいればほぼ確実に妊娠します。飼い続けられない命は産ませないでください。親猫が命を懸けて産んで育てた子猫たちの、多くの命が失われているのが現状です。福岡県内の5つのセンターで平成24年度に殺処分された犬や猫は7377頭で、そのうち猫が77.2%(5697頭)を占め、さらに猫のうち80.3%(4575頭)は子猫です。

年末に、北九州市で猫40頭の飼育放棄があり、1月には、福岡市で3頭の猫から60頭に増えてしまったための飼育放棄がありました。最初の1~2頭の手術をしなかったために、室内飼いでさえ不幸な子猫たちを増やす可能性があるのです。不妊去勢手術は、犬猫所有者の努力義務であると「動物の愛護および管理に関する法律」の第7条に記されています。そしてまだ外飼いの猫は、不妊去勢手術をきっかけに、完全室内飼育へ切り替えることが必要です。ぜひ、春になる前に実施してください。まだ子猫だからといって油断しないでください。生後4か月くらいでも早めに手術した方が安心です。

水仙2不妊去勢手術完全室内飼育は、責任ある猫の飼い主さんの常識です。

さらに、野良猫と間違えられないようにするためにも、完全室内飼育と同時にマイクロチップ迷子札の装着もお願いします。

 

DSCN5645猫が好きで飼っている飼い主さんも、猫が好きでエサをやっている方も、これ以上不幸な子猫たちを増やさないでください!!花あきときよDSCN5645 DSCN5645DSCN5645

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.