文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » センター獣医師からのお知らせ » 雨にぬれたら・・・

雨にぬれたら・・・

2013-06-21

 ようやく本格的な梅雨ですね。梅雨の晴れ間をぬってのお散歩も、一苦労でしょう。

洗濯物も乾かないし、わんちゃんの毛も湿ったままだし、まだ抜け毛もきれいに取りきれていないし・・・

 もつれた毛玉を湿ったままにしていると、毛玉の下で、細菌やカビが増えて皮膚病になりがちです。もつれていなくても、下毛の密な日本犬タイプの犬は特に、ホットスポットと呼ばれる急性の湿疹になりやすいです。急にごっそり毛が抜けて、真っ赤でジュクジュクの皮膚が痛々しい状態になります。

 また、カビが原因の皮膚糸状菌症の場合は、円形に脱毛がみられます。

 

    いろいろとたいへんな時期ですが、雨でぬれたままにせず、しっかり乾燥を心がけ、毛玉をつくらないようブラッシングをしてあげてください。いつもより一層のお手入れと、脱毛やかゆみの早期発見が大切です。異常に気がついたら、急性に広がる前に動物病院へ行ってくださいね。

 

 

  もちろん、皮膚病の原因となるノミやダニの予防も欠かせません。雨で頻繁にぬれると、予防薬の効果にも影響があります。よりこまめな予防、こまめなお手入れをお願いします。

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.