文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » 犬のしつけ方教室のご案内 » 狂犬病の予防注射と登録
狂犬病の予防注射と登録

犬の飼主は登録(生涯に1回)と毎年1回の狂犬病の予防注射を受けさせてください。

市町村で登録を行いましょう!

新しく犬を飼い始めた場合、30日以内に犬の所在地を管轄する市町村長に犬の登録申請を行う必要があります。
※生後90日以内の犬を飼い始めた場合は、生後90日を経過した日から30日以内となります。

飼犬には鑑札・注射済票を必ずつけましょう!

鑑札・済票の例犬の登録時に交付される鑑札と、狂犬病予防注射済票は、首輪など目の見える場所にしっかりと着けましょう。万一、あなたの犬が迷子になって保護された時には、迷子札としての役目も果たします。
鑑札・注射済票を紛失した場合は再交付できますので、登録をした市町村にお問い合わせください。
 
 

年に1度、狂犬病の予防注射を受けましょう!

狂犬病の予防注射と登録
狂犬病予防注射は年に1度必ず行うことが法律で定められています。
毎年4月から6月が狂犬病予防注射期間とされており、各市町村で集合注射を行っております。
詳細な日程等は各市町村又は最寄りの保健福祉(環境)事務所にお問合せください。
なお、最寄りの動物病院でも受けることができますのでお問合せください。

  • 狂犬病の恐ろしさ

狂犬病は、狂犬病ウィルスを持つ動物に、かまれたりしてできた傷口から、唾液に含まれるウィルスが侵入して感染する病気です。
狂犬病は犬と人を含めた、すべてのほ乳類がかかります。
狂犬病に感染するとほぼ100%死亡し、確立した治療法がありません。
詳しくは厚生労働省のHPをご確認ください。

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.