文字サイズ小中大 サイトマップ 交通アクセス

HOME » 犬・猫の飼育相談 » 猫の飼い方について
猫の飼い方について

保健福祉(環境)事務所には猫に関する苦情が県民の方から多数寄せられています。苦情の内容は、フン・尿・鳴き声などの生活環境被害から動物愛護によるものまで多岐にわたりますが、その多くは、飼い主の無責任な飼い方が原因となっています。
動物の命を尊重し、大切にすることは誰もが守るべきことです。
また、フン・尿などの後始末や動物の健康への配慮など、人に迷惑をかけないように、適正に飼育することが重要です。
野良ねこのえさやりについてはこちらから

室内で飼育しましょう

室内で飼育しましょう飼い主が環境を整え、十分な愛情をかけるとともに、不妊・去勢手術を実施することで、猫はストレスがなく、室内で暮らせる動物です。室内で飼うことで周囲への迷惑をかけないだけでなく、交通事故や感染症から猫を守る、迷子防止など、多くの利点があります。

不妊・去勢手術を行いましょう

不妊・去勢手術を行いましょう猫は年に2、3回出産し、すぐに増えてしまいます。責任を持って子猫を生ませるのでなければ、不妊・去勢手術をして、繁殖を防ぎましょう。
不妊・去勢手術については、かかりつけの動物病院にご相談ください。

迷子札をつけましょう

迷子札をつけましょう
衰弱や事故などで自力で動けなくなった多くの猫が負傷動物として保護収容されています。これらの猫のほとんどは、飼い主が判明していません。自分の飼い猫に責任を持つためにも、迷子札やマイクロチップなどの飼い主が分かるようにしましょう。

絶対に捨てないでください

絶対に捨てないでください
猫を捨てることは犯罪です。(100万円以下の罰金。)やむを得ず飼うことができなくなったときには、新しい飼い主を見つけるよう最大限の努力をしてください。

最後まで責任を持って飼いましょう

最後まで責任を持って飼いましょう猫は15年~20年くらい寿命があります。病気になった、体が弱って世話が大変になったからといって、途中で放棄せずに、習性、生理を理解して、最後まで責任を持って飼いましょう。

公益財団 福岡県動物愛護センター 〒811-3135 福岡県古賀市小竹131-2 TEL:092-944-1281 FAX:092-944-1282
(業務時間8:30~17:15)なお、ご連絡は平日の9時から17時の間にお電話でお願いします。(電子メール不可) 交通アクセス
Copyright(c) 2013 Fukuoka animal welfare center All Rights Reserved.