本文へスキップ

ロゴ:公益財団法人 福岡県動物愛護センター

ペットと気持ちよく暮らす

マイクロチップの装着と登録

突然の迷子、災害、盗難、事故…ペットは住所も名前も言えません。そんなとき、マイクロチップは確実な身元証明になります。

マイクロチップとは

画像:マイクロチップ

マイクロチップは、直径1.6㎜、長さ10㎜程度の円筒形の電子標識器具で、世界で唯一の15桁の番号(個体識別番号)が記録されており、保健所などにある専用のリーダーを使って読むことができます。マイクロチップはGPSのように、その動物の居場所を特定できるものではありません。迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離れ離れになった時に番号が読み取られ、データベースに紹介した上で飼い主の情報がわかるというシステムです。

マイクロチップのメリット

画像:リーダー

動物の安全で確実な個体識別(身元証明)の方法として、世界中で広く使用されています。わが国では、令和3年6月からマイクロチップの装着は法律で飼い主さんの努力義務となります。また、一度埋め込むと、半永久的に使用が可能で、これまで故障や外部からの衝撃による破損の報告はありません。

マイクロチップはどうやって埋め込むの?

イラスト:マイクロチップの装着と登録

マイクロチップの埋め込みは、必ず獣医師が行います。詳しくはかかりつけの動物病院にお尋ねください。

費用はどれくらいかかるの?

マイクロチップの埋め込みに関する費用は、数千円程度かかります。
環境省HP「マイクロチップをいれていますか?」(外部リンク)

登録情報の変更は?

登録データが正しくないと、ちゃんとお家に帰れません。連絡先が変わった時は、忘れずに登録先に変更届を出してください。令和4年6月からは、マイクロチップの登録の変更は、法律で飼い主さんの義務になりますので注意してください。

ぺージ
先頭へ